新型コロナウイルス、平成27年度から実施されている        生活困窮者自立支援制度も利用できます。

 

平成27年4月から、生活困窮者の支援制度がはじまっています。
生活全般にわたるお困りごとの相談はまず各市の生活支援課に問い合わせを

 

働きたくても働けない、住む所がない、など、対象は1から7までのいずれかに該当する人。

 

  1. 生活保護を受給している人以外で、生活に困窮し、最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある人。
  1. 経済的な問題で生活に困っている人。
  1. 長期間、失業している人。
  1. 引きこもりやニート問題で悩んでいる人。
  1. 働いた経験がなく、今後の生活に不安がある人。
  1. これまで行政機関の支援が受けられず、様々な課題を抱えた人。
  1. 現に生活に困っており、最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある人。

 



各市の社会福祉協議会から申し込み可能 検索例 柏市社会福祉協議会

新型コロナウイルス感染症を踏まえた生活福祉資金制度による緊急小口貸付等の特例貸付

 主に休業された方向け(緊急小口貸付) 貸付上限額 20万円以内 

 主に失業された方向け(総合支援資金) 貸付上限額 2人以上世帯 月20万円以内

                          単身 月15万円以内

 制度内容は、以下から https://www.shakyo.or.jp/coronavirus/shikin20200324.pdf